【図解】ランディングページとは何か? Web苦手でもわかりやすく解説

【図解】ランディングページとは何か? Web苦手でもわかりやすく解説
  • ランディングページって良く耳にするけどホームページと何が違うの?
  • ランディングページは作らないとダメなの?
  • ランディングページの意味がわからない・・・
速水
本記事ではこんな疑問を解決するために、ランディングページとは何なのかをWebが苦手な人にもわかりやすく解説します。

ランディングページは、主に見込客獲得(商品購入の見込みがある人:お客様になる前段階)に使われるケースが多いものです。

売上獲得や見込客の獲得をしたいと考えているならぜひお読みください。

ランディングページとは何か?

ランディングページとは

ランディングページはインターネット上で、見込客を含めた訪問者がGoogle検索(検索エンジン)やネット広告などを通じて初めて訪れるページのことです。

飛行機やパラグライダーなどの着地する地点を「ランディング場」と呼ぶことからランディングページと呼ばれるようになりました。

ランディングページは、LP(エルピー)とも略して呼ばれることが多いので合わせて覚えておくと便利です。

ランディングページは大きく2つの目的で使われます。ここでは広義の考え方と狭義の考え方でランディングページについてシンプルに解説します。

ランディングページ|広義の考え方

Web上で見込客が一番最初に辿り着くページのことです。

・ブログの場合・・・検索ユーザーが訪れた記事ページ

・ホームページの場合・・・検索を通じて「料金ページ」に訪れた場合は「料金ページ」がランディングページとなる

 

ランディングページ|広義の考え方

上図のように、ホームページやブログにおいて、トップページにアクセスを集めるケースと、ブログ記事などにアクセスを集めるケースの2パターンがあります。

 

トップページ集約型・・・直接名前で検索される、広告でトップページに直接アクセスが来るケースに多い

コンテンツ分散型・・・ブログの記事や会社名などで検索をされ、見たいページが決まっているケースに来訪されやすい(ブログの場合はこちらが一般的)

(※ここでのコンテンツはブログの記事が該当)

 

ランディングページ|狭義の考え方

主に見込客獲得の為に使われ、来訪者に「メルマガ登録」や「資料請求」などのようにアクションを求める縦長のページのこと。

一般的にランディングページと言われた場合はこちら(狭義)の意味で使われるケースが使われます。

ランディングページ|狭義の考え方

ランディングページの使われ方|参考例
  • 商品の注文、初回お試しなど → 直接的なお客様の獲得
  • サプリメントなどの無料サンプル → サンプル請求
  • 企業へのITツール導入紹介 → 資料請求
  • セミナーの募集→セミナ ー 参加申し込み
  • メールマガジンの紹介 → リスト獲得

 

共通してることは、お客様、見込客の獲得です。この時点ではまだお金を請求していない場合には見込客の獲得となります。

 

狭義のランディングページの特徴

ランディングページ3つの特徴

一般的に使われることの多い狭義のランディングページには大きく3つの特徴があります。

①縦長のページであること

ランディングページの目的として、見込客の獲得や直接的な売上獲得があります。そのため、ブログなどのようにサイドメニューなどを設置する必要がありません。

来訪者に求めるアクション(登録や請求など)をしてもらうため以外の情報は遮断した方が、成約率(登録や請求をしてもらえる確率)が高くなるためです。

そのため、1ページ内で必要な情報を記載する必要があり、縦長のページになりやすい傾向があります。

②他のページへのリンクが少ない(または無い)

前述の通り、来訪者にアクションをしてもらうことが目的になるので、なるべくランディングページ内で情報を入手してもらう必要があります。

ランディングページに来訪され、そのページから離脱されてしまうことは、アクションをしない結果に繋がりやすくなります。

そうした理由から、他のページへのリンクは少ない、もしくは貼られずに作られます。

③必ず来訪者へのアクションを求めていること

ランディングページには、必ず来訪者にアクションを求めることになります。

  • お申し込みはこちら
  • 今すぐ資料請求
  • 無料会員登録はこちらから
  • まずは無料相談に申し込む
    など

見込客獲得、直接的な売上獲得のために必ずアクションを促しています。

 

ランディングページとホームページの違いは何?

ランディングページとホームページはの違いは狭義の意味でのランディングページと、ホームページ(企業ページ)としてわけて使われるケースが一般的です。

ホームページに来訪者がいた場合、見られたページ(会社概要や商品一覧など)もランディングページとして考えることができます。この場合は広義として考えられますが、一般的にはランディングページと表されることはありません。

 

ワンポイント!

ホームページの制作会社などによっては、「入り口ページ」などのように表されるケースもあります。ただ一般的にランディングページと言われたら上図の右側を表しています。

 

ランディングページ型ホームページとは

中にはランディングページとホームページを併用した作り方「ランディングページ型ホームページ」というものがあります。

特に多く使われているのは、整体院や治療院などです。他の業種でも使われていますが、整体院のホームページを参考にするとわかりやすいかと思います。

下記はクライアント様のホームページ

ABC整体|銀座院ホームページ
出典元:ABC整体スタジオ|銀座院公式サイト
※画像だけではわかりずらいので、公式ページを見てもらうとイメージがしやすくなります(画像をクリックすると公式サイトが開きます)

ホームページでありながらトップページが、縦長のページになっています。これがランディングページ型と言われるポイントです。

ただ前述したランディングページの特徴とは違い、サイドメニューが存在しています。これはホームページとして存在しているので、来訪者に必要な情報を提供するために記載されています。

 

ホームページでありながら、ランディングページの要素を担っている。でもランディングページではなくホームページとして存在している。だからランディングページ型のホームページということです。

 

ランディングページを使うことのメリット

ランディングページを使うメリット

ランディングページを使う一番のメリットは「成約率が高くなる」ことです。

成約率は、CVR(コンバージョンレート)とも言われますが、来訪者がアクションをしてくる確率のことです。

 

ランディングページの目的によって制約内容は変化する

  • 化粧品のサンプルを試してもらいたい → サンプル購入 → 成約
  • ITツールの資料請求をしてもらいたい → 資料請求 → 成約
  • メルマガに登録をしてもらいたい → メルマガ登録 → 成約

 

成約率が高くなるということは、有料広告を出した際により少ないコストで見込客を獲得できることに繋がります。

 

ワンポイント!

ランディングページは、デザインを自由に作ることができるので、見た目の訴求にも効果的です。ブログ記事のように読みやすさだけではなく、文字を大きくしたり画像や図をふんだんに使用することで見た目のインパクトを強めることができるのも魅力の一つになります。

 

ランディングページを使う際のデメリット

ランディングページを使うデメリット

①自然検索には向いていない

ランディングページは自然検索(SEO)には向いていません。そのため、GoogleやYahooなどを通じて検索され見られることは稀です。

ブログやホームページ、SNSなどを通じて、ランディングページに誘導、紹介することで見られるようになります。他にも広告出稿用にランディングページを作るという方法もよく使われる手法となります。

②直帰率が高くなる

ランディングページは1ページ内に必要な情報を盛り込み、他のページへのリンクを貼らずに作られます。そのため、成約するか離脱するかの2択しかないわけです。

そのため、Google Analyticsでの計測を行なっている場合、直帰率が高くなることは間違いありません。

 

ランディングページをより効果的に使うには

ランディングページを効果的に使うには

ランディングページは一度作って終わりにするのではなく、PDCA(改善と分析)を繰り返しながらより成約率を高めていくことが大切になります。

この時、成約数を成約率に変換すると、ランディングページのメリットがより明確になります。

ランディングページの成約率の違い

この時、③のケースよりも②の方が、②よりも①の方が良い結果となっています。ランディングページを見られた回数に対して何件の登録があったのかを把握することができれば、より成約率の高いランディングページを作ることができるということです。

成約率の良いランディングページの作り方9つのチェックリスト

 

ランディングページの制作費ってどれくらい?

ランディングページの制作費はどのくらい?

ランディングページの制作コストは1ページあたり、10~50万円ほどが相場となっています。

ランディングページを自分で作る場合は費用はかかりませんが、最低限の知識とスキルがないと初心者にはハードルが高くなってきます。

 

ランディングページを業者に依頼する場合

  • テキスト作成
  • デザイン作成

大きく上記の2つの工程が必要になってきます。

 

テキスト作成は、ランディングページで使用する文章のことでキャッチコピーを始め、来訪者に伝わりやすく、必要な順番で情報を届ける必要があります。

デザイン作成は、見た目を整えること意外にも、パソコンとスマホでそれぞれで最適な形で見やすいレイアウトを組む必要があります。業者に依頼する場合は、スマホ最適化としてコストが発生するケースもあるので、制作依頼をする場合には注意が必要です。(最初に言わずに後から追加してくる業者もあるので)

 

ランディングページは、基本的な知識と手順が分かっていれば、比較的誰でも作れるものなので、まずは自身で試してみることをお勧めします。ただ、予算に余裕がある場合は最初から業者に依頼することを推奨します。

 

ランディングページの制作相談も受け付けているので、お気軽にご相談ください。

ランディングページとは|誰のためのものかと考える

ランディングページとは|誰のためのものかと考える

ランディングページの目的は何度も記載していますが、見込客の獲得です。

しかし、いざランディングページを作ろうと思ったなら「なんの為にランディングページを使うのか」ではなく、「誰の為にランディングページを使うのか」と考えるこおとが大切です。

ランディングページは来訪者にアクションをしらうためのページです。

売り手側が、ただ書きたいことを書いていても、相手が知りたい情報がなければ離脱されてしまいます。来訪者が知りたい情報はなんだろう、どんな情報があればアクションしやすくなるか。

そうした視点で作ることがランディングページを効果的に使用するポイントになります。

ランディングページの作り方で抑えておきたい導入文の作り方

【図解】ランディングページとは何か? Web苦手でもわかりやすく解説
最新情報をチェックしよう!