マインドセットでビジネス負け組から脱出|6つの方法で解説

起業すると、2つの起業家に分類されていきます。

 

  • 勝ち組の(成功する)起業家
  • 負け組になってしまう起業家

 

この2種類の起業家は一体何が違うのでしょうか。

集客方法、セールス方法、ライティングスキル、様々な要因が考えられますが、その答えは『マインドセット』にありました。

 

マインドセットについて、ここでは『物事に対する考え方』と定義しておきます。

マインドセットは、誰でも筋トレのように鍛えることができ、それが起業成功につながっていきます。

 

ここでは起業成功するために、負け組のマインドセットを勝ち組のマインドセットに書き変える方法を解説していきます。

何度も内容を読み返して、1つ1つのマインドセットを自分のものにしてください。

目次

負け組のマインドセット1:失敗が怖い

起業するにあたって「失敗しなくない!」この気持ちは誰にでもあると思います。

人によっては失敗がとても怖い人ためにどうしても初めの1歩が踏み出せないこともあります。

 

「失敗が怖い」

 

これはある程度仕方のないことです。

しかし、失敗を怖がっているままでは起業家としての成功はできません。

成功している起業家が「失敗」に対してどんなマインドセットを持っているのか。

それを解説していきます。

 

失敗に対する『勝ち組マインドセット』

成功している起業家はそもそも『失敗』に対しての定義を持っていません。

簡単に言ってしまえば『失敗なんて存在しない』このように考えています。

 

『失敗なんて存在しない』

 

この考え方を表すための有名な例えとしてエジソンの名言があります。

 

『私は失敗したことがない。ただ、1万通りのうまく行かない方法を見つけただけだ』

 

1万回うまくいかなくても諦めずに続けることが大事だとエジソンの名言から学ぶことができます。

エジソンの名言と同様に私たち起業家も諦めずに行動し続けることが成功への唯一の道です。

 

どんな状況であってもそれが『失敗』だと決めることができるのは自分だけです。

『失敗なんて存在しない。うまく行かなかっただけ』

このマインドセットを大事にしていきましょう。

 

参考例|起業家が失敗と考えてしまう状況

  • メルマガから募集したけど、グルコンに参加者が1人だけだった
  • セミナーやグルコンを開催しても参加者が1人だけだった

 

こうした状況はよくあることです。

『参加者が1人だけだった』

この事実をどう受け止めるのか、それによって起業家としての成功と失敗が決まります。

 

負け組起業家のマインドセット

  • 「参加者が1人だった、今回のグルコンは失敗だ」
  • 「やっぱり自分はダメなんだ」

参加者の人数だけを見て、自分はダメなんだとマイナスに捉えてしまう。

 

勝ち組起業家のマインドセット

  • 「参加者が1人だけか。まぁ最初はこんなものんでしょ」
  • 「ここが自分のスタート地点か」

参加者が1人だけの状況でもプラスに捉えることができます。

 

『失敗の定義』を変える

自分の中の定義次第で同じ状況でも全く違う解釈になっていきます。

成功する起業家には、そもそも『失敗』という考え方が存在していません。

失敗ではなく、行動して得た結果(フィードバック)であると捉えています。

つまり『行動と結果』が存在しているだけです。

 

  • このやり方はうまくいかないんだな
  • この方法は成果が出なかったな
  • このメールでは反応が悪かったな など

 

結果から学び、反省点を見直す。改善する。

そして、次の行動に繋げていきます。

 

『失敗』ではなく『結果』があるだけ。

このマインドセットを大切にしてください。

 

もし、どうしても失敗が怖い場合は次に紹介する対処方法を実践してみてください。

失敗に対する恐怖心を最小限に抑えることができます。

 

<対処法>失敗した時の『最悪のケース』を想定する

起業して失敗してしまった時の、『最悪のケース』を想定しおくことで失敗に対する恐怖心を軽減することができます。

 

例えば、「コーチング起業で失敗した時、最悪どうなるのか」これを想定してください。

もしコーチング起業で失敗したら次のようなことが考えられます。

 

借金が300万
→ 毎月5万~7万ぐらいの返済
→ 再就職できなくても、最悪時給1000円のバイトがある
→ 1,000円×8h=8,000円
→ 8,000円×23日=184,000円
→ 贅沢言わなければ4万ぐらいでアパートを借りれる
→ 食費や保険など全部入れても毎月8万ぐらいで生活できる
→ 最悪、何とか生活できる

 

このように最悪の事態を想定しておくことで、失敗への恐怖心を減らすことができます。

最悪の場合、自分ならどんな状況になるのかをぜひ1度、考えてみてください。

 

最悪のケースを受け入れる『覚悟』を持つ

最悪のケースを想定したら、その状況を受け入れる覚悟をすること。

これが非常に重要です。

 

最悪のケースを想定することは簡単ですが、想定するだけでは意味がありません。

最悪のケースを受け入れる覚悟を持つことで、初めて失敗への恐怖心が軽減します。

 

もし失敗してしまったら、『何が失われるのか』これを明確にしておきましょう。

最悪のケースを明確にしたら、できるだけリアリティを持つこと。

そして、その状況を受け入れる覚悟を持ってください。

 

ワーク1|最悪の事態を把握する

ステップ1
もし最悪の場合、何が失われてしまうのか。
できるだけ具体的かつ明確にしてください。
ステップ2
具体的かつ明確にした内容を受け入れる覚悟を持ってください。

 

負け組マインドセット2:自分には価値がない

『自分への欠乏感が強い=自分に価値を感じられない』

この状態のままだと成功することができません。

 

  • 自分には実績が足りない
  • 自分にはまだスキルが足りない
  • 自分には経験が足りない
  • 自分には知識が足りない など

 

足りない部分にばかりフォーカスしていると起業家としての成功はできません。

 

「〇〇が足りない」=「奪う感覚」

 

  • 「〇〇が足りない」
  • 「〇〇しないといけない」

 

このように考えているとお客様から奪う感覚が生まれてきます。

 

  • 集客しないといけない
  • 売上を上げないといけない
  • 今月の家賃が足りない など

 

このように焦る気持ちが増えてくると、自分の気持ちにゆとりが無くなっていく。

気持ちにゆとりが無くなることは、『相手に悪いことしている』と感じてしまう原因になる。

『相手に悪いことしている』と感じているせいで、『奪っている感覚』が生まれる。

奪っている感覚があるせいで、「お客様からお金をもらうことが悪い気がする」などのよくある悩みが生まれてしまう。

 

無価値に対する『勝ち組マインドセット』

『自分が得たものを人にも与えたい』

 

このマインドセットが大事です。

『自分が得たものを人にも与えたい』

そう感じることで、奪う感覚がなくなっていきます。

 

例えば、10人の見込み客を、100%セミナーに集客できるノウハウがあったとします。

この場合、セールスするときは、『奪う感覚』よりも『相手のため』この気持ちがかなり強くなります。

絶対に相手のためになると思っているからこそ、100%自信を持ってセールスできるからです。

 

  • お客様の人生に貢献してあげる
  • お客様のためにやってあげる

 

このマインドセットを持つことで、自分への欠乏感がなくなり自信を持ってビジネスできるようになります。

 

知識・経験・実績は関係ない

自分には人に与えることができる知識も経験も実績もない。

そう感じる人がいます。

 

しかし、今の自分がどのような状況(レベル)でも必ず誰にかに何かを伝えることができます。

自分とお客様の間にある知識や経験の差が少しでもあれば、それは十分価値ある情報になるからです。

 

例えば、自分がコーチとして毎月5万円しか稼げていないとしても、毎月5万円の稼ぎ方を知りたいと思っているお客様は必ずいます。

自分が与えることができるものを必要としている人に、自信を持って提供してください。

 

今現在は、大成功している起業家も最初は小さいところから少しずつ積み重ねて成功しているものです。

『自分が得たものを自信を持って人にも与える』

このマインドセットを持って活動するようにしてださい。

 

ワーク2|自分が人に提供できることを見つける5つの質問

【質問1】
あなたが意識して「努力」しているわけで はないが、周りの人やお客様によく 「褒められる部分」はどこか?
【質問2】
自分の実績、経歴、学歴、経験の中で、人に「軽く自慢」できる物は何か?
【質問3】
自分の実績、経歴、学歴、経験の中で、「最後に残しておきたい物」は何か?
【質問4】
もし、見込み客に 「あなたじゃないとダメなんです!」と言われるとしたら「その要素」はどの部分か?(※見込み客=自分のお客様になる可能性がある人)
【質問5】
同業者がマネしたくても、マネできない自分の商品・サービスの特徴は何か?

 

負け組マインドセット3:批判が怖くて動けない

成功すると、ある程度の批判が来ます。

これは避けることができません。

 

成功できる起業家はこの批判の声を気にしません。

少し違う言い方をすれば他人の評価を気にしない。

これが起業家として重要なマインドセットです。

 

例えばセミナーを開催しても「満席じゃないとかっこ悪い」などと、気にし過ぎて動けない人がいます。

他人の評価を気にしている限り行動ができないということです。

当然、行動しなければ成功はありません。

 

他人や周りからはどんなことを言われてもいいからとにかく行動すること。

他人の評価を気にせずに行動すること。

このマインドセットが大事です。

 

批判に対する『勝ち組マインドセット』本当に気にするべきは、批判ではなく“〇〇”

起業家として成功するために本当に気にする必要があるのは、お客様のことだけです。

自分のビジネスで救うことができる人、価値を提供できる人は、数が限られています。

そしてビジネスに使うことができる時間にも限界があります。

 

数と時間に限界があると考えた場合、批判を気にしている時間は無駄でしかありません。

本当に大事なことはお客様の意見を聞くことです。

 

1つポイントは、お金を払ってくれたお客様の声を聞くことです。

批判・クレームもお金を払ってくれた人の声は真摯に受け止める必要があります。

お金を払ってくれたお客様は自分の商品・サービスに価値を感じてくれた上で意見してくれているからです。

 

一方、お金を払ってくれない人は自分の商品・サービスにまだ価値を感じてくれていません。

価値を感じていない人からの批判や中傷は、気にしないで大丈夫です。

 

目立ちたくないと考えている場合

批判が怖くて目立ちたくない。

そう考えてしまう人がいます。

 

しかし、起業家として成功するためには、『お客様のために目立つ』このマインドセットを持ってください。

お客様は良い商品・サービスを常に探しています。

 

しかし商品・情報が多過ぎて見つけることができていません。

良い商品に出会いたいと感じている人のためにも自分が目立ってあげる。

このマインドセットを忘れないでください。

 

有名人になりたくない

売れすぎることで有名になるのが嫌だと考える人もいます。

しかしお客様のためには自分が有名になることも大事なポイントの1つです。

 

自分が有名になることでお客様に対する影響力が上がり、お客様が自分の言葉を真剣に受け止めてくれるようになります。

例えば、起業家として成功するためには当たり前のことを当たり前に行うことがとても重要です。

 

  • ブログをコツコツ書く
  • メルマガを配信する
  • セールスのメールを送る など

 

自分の影響力が低い場合、「ブログ集客成功の秘訣はブログをコツコツ書くことです」このように当たり前のことを言ってもお客様があまり真剣に聞き入れてくれません。

 

しかし、自分に影響力が生まれると、「ブログ集客成功の秘訣はブログをコツコツ書くことです」そう伝えるだけでも、お客様が真剣に聞き入れてくます。

『自分のために偉くなるのではない。お客様のために偉くなることが大事』

このマインドセットを大事にしてください。

 

まとめ|批判を解消するマインドセット

  • 他人の評価を気にせずに行動すること
  • 売れれば必ず批判は発生するもの
  • お金を払ってくれたお客様の声だけを聞けば大丈夫
  • お客様のために有名になることが大事

 

負け組マインドセット4:早く成功したい

起業して成功したい人は次のような気持ちが強くなります。

  • 早く成功したい
  • 今すぐ成功したい

 

「今すぐ成功したい」

そう考えてしまう人は無意識レベルで次のように考えている可能性があります。

 

  • 今の自分が嫌い
  • 今の自分を変えたい など

 

自分に対する否定の気持ちから焦る気持ちが生まれてしまう。

このような心理状態になるとビジネスがうまくいきません。

 

焦る気持ちに対する『勝ち組マインドセット』

成功者ほど着実に積み重ねている大きな成功を納めている人でも瞬間的に成功した人はいません。

成功するまでの間に着実に行動と改善を積み重ねてきています。

 

ビジネスで成功するためには、地味な作業をコツコツ続けることが必要だと理解しているからです。

今すぐ成功できる魔法の薬を探すのではなくて、やるべきことを着実に実践する。

このマインドセットを忘れないでください。

 

ワーク3|自分がコツコツできる活動をタスクにする

自分が望む成功を手に入れるために以下の項目を考えてみてください。
  • 何をやるのか
  • どのぐらいやるのか
  • どの程度できるのか
  • 覚悟できるのはどの程度か

 

ポイント

自分がストレスを感じない範囲で続けられることをタスクにすること。
例えば、『1日1ページ本を読む』これでも大丈夫です。

 

コーチ・コンサルをする場合も同じ

自分のお客様にコーチングやコンサルをするときも『今すぐ成功させます!』などと
言ってはいけません。

今すぐ成功できる魔法の薬は存在しないからです。

 

反対にお客様のことを「一生かけてでも成功させる」そう考えることが大事です。

どれだけ長い時間をかけてでもお客様の成功させると覚悟ができれば、自然と自分のレベルやお客様の成長が早くなっていきます。

 

『今すぐ成功できる』魔法の薬ではなく、時間をかけてでも全力のサポートをする。

このマインドセットが重要です。

 

負け組マインドセット5:上手な文章を書かないといけない

起業に失敗してしまう人はブログやメルマガを『上手に書かないといけない』そう考えています。

 

  • いい文章を書かないと集客できない
  • 上手く書かないと反応がない
  • 価値のある内容を書かないと反応がでない など

 

確かにブログやメルマガを活用して集客する・売上を作るためには文章を上手に書く必要があります。

この場合『上手に書く』とは、見込み客が行動するように文章を書くことです。

しかし、ブログやメルマガを書き始めた初心者の段階ではもっと重要なことがあります。

 

文章に対する『勝ち組マインドセット』

ブログやメルマガ初心者の段階では『上手く書く』ことよりも『書く習慣を作ること』が大事です。

書く習慣(癖)をつけることで自然と文章が上手になっていきます。

 

『起業家として成功するためには、最初は書く癖をつけることが大事』

このマインドセットを忘れないでください。

 

参考例|ブログ集客の初心者が成功できる正しいステップ

× 間違ったステップ

ステップ1:読者に価値ある記事を書く(書けるようになる)

ステップ2:記事を書く習慣を作る

○ 正しいステップ

ステップ1:記事を書く習慣を作る

ステップ2:読者に価値ある記事を書く(書けるようになる)

 

参考例の「正しいステップ」の順序を強く意識してください。

読者にとって価値のある記事を書く必要があることは事実です。

 

しかし、初めから価値のある記事を書くことは、現実的に難しい部分があります。

事実、価値ある記事を書こうとして何時間も使ってしまったり、書くことができずに苦しんで
しまうケースが多いです。

ブログ初心者の段階では、価値のある記事を書くことよりも『書く習慣を作ること』これを強く意識してください。

 

習慣を作ってから記事の質を上げていけばブログ集客で成果を出すことができます。

 

書く習慣を作るコツ

記事を書く習慣を作るコツは『完璧主義を手放す』ことです。

 

完璧主義の人の特徴

  • 完璧な記事を書かないといけない
  • 魅力的な記事を書かないといけない
  • 価値ある記事を書かないといけない
  • 読者のためになることを書かないといけない

 

このような考え方が書く習慣を作る妨げになっています。

書く習慣を作るためには、完璧な文章を書くことよりも、自分が楽しんで文書を書くことが重要です。

 

  • 自分が好きなこと記事にする
  • 自分が書けることを記事にする
  • 楽しいと思えることを記事にする
  • 本で読んだ内容をアウトプットするために記事を書く など

 

自分が楽しんで書けることを書く

このマインドセットを持って、ブログ集客に取り組んでください。

 

負け組マインドセット6:セールスするのは悪い気がする

  • セールスしたら悪い気がする
  • セールスができない
  • セールスが苦手が
  • セールスしたら相手に嫌われる

 

このような考え方を持っている場合は、マインドセットに問題があります。

起業家として売上を獲得していくためにはセールスが必要です。

セールスに対するマインドセットをしっかり身につけて売上獲得につなげてください。

 

セールスに対する『勝ち組マインドセット』

セールスのマインドセット構築方法

セールス=WIN-WIN

 

このマインドセットを持つことが大事です。

セールスが苦手な起業家の多くは、『セールス=売り込み』と考えています。

 

しかし、本来のセールスは、お客様に対する強引な売り込みではなく、価値と価値の等価交換(WIN-WINの関係)です。

コーチングを例にWIN-WINの関係を解説します。

 

参考例|WIN-WINの関係

何をやっても失敗ばかりで、周の人達からは悪口ばかり言われ、人生を諦めかけていたお客様がいたとします。

仮に、このお客様の悩み・苦しみを3ヶ月のコーチングで解消でした場合、その価値は1万円や2万円で収まるものではありません。

人生を諦めそうになるほどの苦しみから救われた価値は30万や50万円の報酬をいただいても安いといえます。

 

お客様にとっても自分にとっても、状況が「プラス」になること。

それがWIN-WINの関係性です。

自分の商品をセールスすることでお客様がプラスな状況になることがわかっていれば、自信を持ってセールスできるようになります。

自分の提供する商品・サービスの価値に自信を持ってセールスしてください。

 

多くの起業家が自信を持ってセールスできない原因

「自分の提供する商品に自信を持ってセールスください」

 

そう言われても、自信が持てないかもしれません。

頭では『WIN-WINの関係』を理解しても、実際のセールスの場面になると自信を持ってセールスできない。

そう悩む起業家は多くいます。

 

セールスに対して自信が持てない。

その理由の1つには次のような原因があります。

 

『セールスして成約できた場合、成果を提供できる自信がない。だから、セールスするのが恐い。自信を持ってセールスできない。』

 

WIN-WINの関係を成立させるためには、お客様に『成果(プラスの変化)』を提供することが求められます。

しかし「自分にはまだ無理だ」などの不安や恐怖心が強くなってしまい、自信を持ってセールスできない人がいます。

特に起業したばかりで経験が浅いコーチ・コンサルには多い悩みです。

 

対処法|セールスに自信が持てるマインドセット

「成果を提供できる自信がない」この悩みはマインドセットを変えることで解消することができます。

下記のマインドセットを自分の中で何度もくり返し反復して自分のものにしてください。

 

セールスに自信が持てるマインドセット

お客様の問題・悩みをすべて解消する必要はない。

問題・悩みを解消するのは、お客様自身の課題であり、コーチやコンサルタントが行うのは、あくまでもサポートである。

100%のサポートは実践するべき。

 

しかし、成果が出るかどうかは100%お客様の責任であることを理解する。

コーチ・コンサルタントがお客様に提供するのは、質の高いサポート。

お客様の望む成果を100%提供するわけではない。

 

もし仮に、コーチ・コンサルタントがお客様の成果を100%出してしまうと、お客様がコーチやコンサルに依存するようになる。

お客様に依存状態を作ってしまうと自立した起業家としてビジネスができなくなります。

 

起業家として成長・成功するためには、自分の力で考えて、自分の抱えている課題を1つ1つクリアすること最重要。

つまり、コーチ・コンサルタントがお客様に成果を100%提供することは、お客様が起業家として成長する機会をすべて奪うことになる。

 

まとめ

負け組マインドセットとして6つのマインドセットとその書き換え方を解説しました。

 

  • 負け組マインド1:失敗が怖い
  • 負け組マインドセット2:自分なんて価値がない
  • 負け組マインドセット3:批判が怖くて動けない
  • 負け組マインドセット4:早く成功したい
  • 負け組マインドセット5:ブログは上手に書かないといけない
  • 負け組マインドセット6:セールスするのは悪い気がする

 

上記6つの負け組マインドセットを書き換えることで、起業家として成功できるマインドセットが身についていきます。

マインドセットを書き換える時の注意点は焦らないことです。

マインドセットは筋トレのようになんども繰り返すことで自然と身についていきます。

すぐに書き換えたい気持ちはあると思いますが、焦らずに何度も内容を反復して成功者のマインドセットを手に入れてください。

成功者のマインドセットを自分のものにするためには、成功者と同じように行動すること。

これも重要なポイントです。

最新情報をチェックしよう!