ストーリーライティングとは|人の感情を動かすライティングテクニック

ストーリーライティングとは|人の感情を動かすライティングテクニック

文章はストーリーで語れと言われますが、ストーリーを用いたライティングとはどんなものなのか。

ひとり起業家がストーリーライティングを用いるメリット、デメリットに加えて、そもそもストーリーライティングとはなんなのかを解説します。

ストーリーライティングは一言で言えば、人を動かすこれからの時代のライティングテクニックの1つです。どんな効果があるのかを参考にしてください。

 

関連記事

文章を書くのが苦手なコンサルタブログやメルマガを書いていてるけど、自分で読んでも説明ばかりで離脱が多くて困ってます。もっと自分の想いや経験を伝える方法があれば知りたいです…世の中には様々なライティングノウハウやテクニ[…]

顧客心理に刺さるストーリーライティングテクニック|テンプレ付き
スポンサーリンク

顧客心理に刺さるストーリーライティングとは

顧客心理に刺さるストーリーライティングとは

起業家として、自身の商品やサービスを提供する際にはライティングスキルが欠かせません。ストーリライティングはそうしたセールスライティングの中の一つの手法です。

 

感情を動かし、記憶に残すことにより、見込客を行動させる。そうした一連の流れを作る際に、ストーリーの力がとても強く発揮されます。

 

「人はものを感情で買う」という言葉がありますが、人は感情だけではものを買う行動まではたどり着くことはありません。感情と共に存在している欲求にもアプローチをする必要があります。

 

ストーリーを取り入れるということは、人が持つ欲求に対してのアプローチも取りやすくなります。

  • 共感を得る
  • 感動する
  • 興奮する
  • 躍動感を作る

ストーリーとは

ストーリーライティングにおけるストーリーの定義をしておきたいと思います。

ストーリーと聞くと、物語として考えられがちです。しかし、物語を書くとなると、小説などを思い浮かべることもあるかと思います。曖昧なものには定義をしておくこともコピーライティングを扱う上でとても大切になります。

 

ストーリーの定義

登場する人物や出来事に対して、原因と結果が作られた一連の流れを作り、それらに意味付けをし言語化したもの。

 

人は登場人物や出来事など単体に対しては何の感情も抱くことはありません。どんな時に、何が起こったのか。その時に、どんなことを体験したのかなどの背景情報を取り入れることで、イメージが作られます。

 

ストーリーを用いることの一番のメリット
見込客(読み手)の脳内にあなたが描く世界を想像させることができるということです。

 

人はイメージできない、想像できないものには共感も感動も得ることはできません。だからこそ、ストーリーとして文章を作ることで共感や感動を生み出すということです。

何故ストーリーなのか

普段、私たちの生活の中にあるものを例題としていくので、想像をしながら参考としてください。

人はストーリーが好き

人はストーリーが好きなものです。映画や漫画やアニメなど、どんなものを取ってもストーリーがあって人を感動や恐怖などの感情を生み出しています。

また、書籍という視点でもベストセラーとして取り上げられうものの大半は小説です。このように普段の生活を見ても、人はストーリーによって感情と欲求を抱かされています。

 

人はストーリーに慣れている

私たちは、子供の頃からストーリーに慣れて生活をしてきています。子供の頃に触れる機会の多い絵本もストーリーによって描かれています。テレビでも、ドラマやアニメなども全てストーリーによって作られており、物心がついた時から人はストーリーに多く接して生活をしています。

 

ストーリーに対して人は無防備になれる

ストーリーと共に生活をしている私たちにとって、商品やサービスの購入もストーリーによって選択されています。セールスライティングに限らず、人はストーリーで話をされると「すっと入ってくる」つまり、自然と受け入れることができてしまうのです。

その商品を購入したらどうなれるのかと未来を想像してみたり、今抱える問題がどのように解決されて変化していくのかと考えます。このように、現状や未来、また過去も含めて時系列で表されるものも全て実はストーリーとして組み立てられています。

その時に、あなたが経験したことや、クライアントの事例などをストーリーとして伝えると、見込客は自分ごととして登場人物を置き換えて考えることができるようになります。

人を動かす心理テクニック8選|起業して売上を上げたいなら必見

 

ストーリーライティングスキルを使うメリットとデメリット

ストーリーライティングスキルを使うメリットとデメリット

起業家にとって、ライティングを使う場面はメルマガやブログ、ランディングページやセールスレターなどが主な場所となります。

 

  • ノウハウを伝える
  • メッセージを伝える
  • ハウツーを伝える
  • お客様の声を紹介する

 

上記のように、何を伝えるにしてもストーリーを活用する場合と取り入れない場合で文章の書き方や見込客(読み手)のメッセージの受け取り方に違いが生じます。実際に比べると下記のようになります。

ノウハウやメッセージだけで文章を書く(ストーリーを使わないケース)

メリット

  • コンパクトにまとまりわかりやすい
  • 受け取り側が持っている枠の中で解釈をすることができる
  • 必要なことだけに絞り伝えることができる
  • 長い文章にならず読みやすい

 

デメリット

  • コンパクトにまとまるがイメージしずらい
  • 受け取り側の解釈によって伝えたいメッセージが伝わらなくなる
  • 発信する側の言葉の裏側(背景情報)を感じることができない
  • 長い文章になってしまいがち
  • 個性などは必要なくあなたらしさが出ない

 

ストーリーを用いて文章を書く(ストーリーライティング)

メリット

  • 登場人物の感情や体験したことを把握できる
  • ストーリー自体に原因と結果の流れを意味付けすることができる
  • 話の中にある背景情報と意味が明確になり共有しやすい
  • 言葉や文章を超えたメッセージが明確になる
  • あなたらしさが伝わる

 

デメリット

  • ストーリーの書き方に慣れるまでは難しい
  • 原因と結果を理解していないと言葉にできない
  • だらだらと不要な文章まで書いてしまいがち
  • 伝えたいメッセージがブレやすい

 

ストーリーを取り入れる書き方については、デメリットの方が重要度の割合は大きいように感じます。対して取り入れた書き方ではメリットの方が重要度の方が高く感じます。

最初は慣れるまで難しく考えてしまわれがちですが、書き続けることで自然と慣れていきます。そして、慣れれば慣れるほどに、あなたらしさが強くなり、人を動かす文章が作れるようになっていきます。

読まれるブログ文章の書き方|いきなり記事を書くのは危険です

 

ストーリーライティングを使うことの可能性

ストーリーライティングを使うことの可能性

ストーリーは全てを伝えなくても、見込客に対して出来事をイメージさせてくれます。これは、結果と原因に対しての背景情報(意味付けされた文章)を記載することで、だらだらとした解説をする文章が不要になるということです。

例えば、下記の例文を見てみるとどちらがわかりやすいでしょうか。

 

例文1

今日セミナーに参加してきました。

セミナーでは集客のことについて解説されており、集客の重要性を知ることができました。

ブログで集客するには読み手に対する見方を変える必要がある。

今日の学びを今後の活動に活かしていきたいと感じました。

例文2

今日、東京で開催されたブログ集客のセミナーに参加してきました。

セミナーでは集客のことについて解説されており、ブログを使った集客をする場合、ただ記事を書いていても集客できないことを知りました。

僕も普段から記事をとにかく増やすことを考えてきたけど、読み手が欲している情報を提供することが、集客効果に違いがあると気づくことができました。

今日の学びを得て、記事を増やすことよりも、見込客に必要な情報を考えてブログを運営していきたいと感じる1日でした。

 

例文1は淡白でシンプルに書かれていますがすが、書き手が何を伝えたいのかが入ってきません。なんとなくはわかるかもしれないけど、読み手にはなんのイメージも湧きません。

例文2では、書き手が何を感じているのか、普段どんなことをしていて、何を感じたのかが描かれています。実体験を取り入れることで、読み手に対して共感を作ることができる要素が取り入れられています。

 

長く文章を書くことがポイントなのではなく、原因と結果に対しての背景情報を取り入れてあげることを意識することで、読み手がイメージできるようになります。
関連記事

文章を書くのが苦手なコンサルタブログやメルマガを書いていてるけど、自分で読んでも説明ばかりで離脱が多くて困ってます。もっと自分の想いや経験を伝える方法があれば知りたいです…世の中には様々なライティングノウハウやテクニ[…]

顧客心理に刺さるストーリーライティングテクニック|テンプレ付き
https://lian-marketing.com/entrepreneurship-success-1/

収益ブログの始め方ガイドマニュアル|無料ダウンロード