文章を上手く書く必要はない|大切なことは誰に何を伝えるか

文章を上手く書く必要はない|大切なことは誰に何を伝えるか

ブログやメルマガなど起業すると文章を書く場面は数多く存在します。起業初心者であればあるほど、売上に伸び悩んでいれば伸び悩んでいるほど、文章を上手く書かなきゃと悩んでしまいがちです。

しかし文章を上手く書こうという考え方を捨て去ることが最初の一歩です。読まれる文章、伝わる文章を書きたいなら誰に書くか、つまりターゲットを決めておくことが何よりも大切。

本記事では「上手い文章を書く必要がない理由」「読み手に伝わる文章を書く2つのポイント」を解説します。

 

文章を上手く書きたいならターゲットを絞ることから

文章を上手く書きたいならターゲットを絞ることから

ひとり起業家にとって、ブログやメルマガを使うことは売上を獲得するための手段として欠かせませんよね。

ですが、この時に上手い文章を書こうとテクニックやノウハウを沢山学ぶ必要はありません。むしろテクニックばかり学んでしまうことで、さらに書けない状態に陥ってしまう可能性があります。

型にはめようとするあまり、違和感の強い文章になってしまう。パワーワードなどを多用しすぎるあまり文章の脈絡がおかしくなってしまったり。

どのような場面においても、読んでくれる人にとって読みやすい、わかりやすい文章が最も役立つコンテンツ(文章)になります。そのためにはターゲットとなる読み手の人が誰なのかを明確にすることから始めましょう。

マーケティングの核となるターゲットの決め方|間違えたら売れるものも売れません

 

ターゲットを絞れば絞るほど売上は上がります

ターゲットを絞ることは、大衆向けに書く文章ではなく、ひとりの人に向けて文章を書くことです。悩みや知りたいこと、理想や願望を達成するための情報をひとりの読み手に向けて解決策を伝えるようにします。

この時、ターゲットとあなたとの間で共感が持てる文章になっていると理想的です。大衆向けに書く文章だと、使う言葉・表現が曖昧(抽象的)になりがちです。

 

例えば、「幸せな人生を送りましょう!」とメッセージを伝えた場合、あなたの考える幸せと読み手の考える幸せは別ものの可能性が高いですよね。

あなたの伝える幸せ:収入があり自由な時間が持てる状態

読み手の考える幸せ:会社の人間関係のストレスから解放された時

 

一例ですが、同じ幸せという言葉も全く違う意味を持ってしまいます。あなたが伝えたいメッセージを必要としている人に向けて書く。そのためにもターゲットを絞ることは大切が大切になり、結果としてあなたの商品やサービスを購入してくれるようになります。

 

文章を上手く書きたいなら大衆に向けた記事よりも一人の人に向けてストーリーを

大衆に向けた記事よりも一人の人に向けてストーリーで語る

人はストーリーが好きなものです。映画やドラマなどがわかりやすいですが、全てストーリーがありますよね。ドキュメンタリー番組なども、全てストーリーで構成されています。

この時、主人公が必ず存在しています。一人のストーリーに焦点を当てることでよりストーリーや登場人物に感情移入がしやすくなるからです。

共感や感動などの感情は、全てストーリーの中で作られた演出と考えることもできます。なんとなくの大衆向けのストーリーよりも、ひとりの人の実際にあったストーリーの方が読み手の心を動かせます。

 

だからこそ、あなたが書く文章の中にも登場人物を作りストーリーで語ることが重要となります。この時、うまい文章を書こうとか、テクニックを盛り込む必要はないことを覚えておきましょう。

 

文章を上手く書く必要がない理由は明確

例えば、あなたがスポーツをしている場合
プロのスポーツ選手の言葉と部活の先輩の言葉どっちが心を動かしますか?
あなたが受験生だとした場合
現役東大生の授業と学校の先生が教えてくれた授業とどっちが身に染みますか?

 

おそらくはどちらも前者を選択すると思います。その理由はその人の「背景情報=ストーリー」が見えるからが理由です。人は目に見えない情報によって心を動かされます。同時に、その人が経験してきたことによって見方(評価)を作り出します。

 

仮に、学校の先生が有名大学の首席卒業で、現役で受験生に指導をしていて、合格率も高かったら一気に印象は変わりますよね。このようにその人の背景情報=ストーリーによって人は感情を動かされるということです。

とはいえ、ストーリーで語ろうとしても、ターゲットがずれていれば共感も感動もされません。3歳の子供にアンパンマンの魅力が通じても、海外ドラマの魅了が伝わらないのと同じです。

誰に向けたメッセージなのかに合わせたストーリーを書くことが大切ということを覚えておきましょう。

 

上手い文章よりもストーリーには主人公を登場させる

主人公の起伏のある話に感動や恐怖などの感情が動きますよね。それと同じであなたの文章においても、主人公を登場させることで読み手の感情を揺さぶることができます。

ターゲットとなる読み手を主人公として、あなたの言葉で感情を揺さぶってあげる。そうすることで、あなたに共感をしてくれたり、あなたの商品やサービスに興味を持ってくれるきっかけに繋がります。

ターゲットをひとりの人に絞って、その人のストーリーを語ることで共感や感動などの反応を得ることができる。このことをぜひ覚えておきましょう。

上手い文章を書くことも大切かもしれませんが、それ以上にターゲットを絞り、伝わる文章、読まれる文章を意識しておいてくださいね。

顧客心理に刺さるストーリーライティング6つのテンプレを解説

文章を上手く書く必要はない|大切なことは誰に何を伝えるか
最新情報をチェックしよう!