整体院ニュースレターをパワーポイントで簡単に作る5ステップ

整体院ニュースレターをパワーポイントで簡単に作る5ステップ
速水

ここでは、リピート獲得に繋げるための整体院で簡単に使えるニュースレターの作り方を解説していきます。

ニュースレターとは、毎月店舗(あなた)からお客様に向けて発行するツールで、リピート顧客を獲得する役目を果たしてくれます。毎月定期的に発行することで売上アップの効果を期待できます。

そんな整体院ニュースレターの作り方を5つの手順で作る方法を解説します。

ニュースレターを作る5つの手順

本記事の前半はニュースレターを作るポイントや注意事項を解説し、5つの手順については本記事の後半で紹介しています。

整体院のニュースレターの作り方|まずは役割を知っておこう

整体院のニュースレターの作り方|まずは役割を知っておこう

整体院で発行するニュースレターは、店舗における新聞の役割を担ってくれます。そしてニュースレターは毎月発行し続けることが重要になってきます。

整体院発行の新聞としてニュースレターを発行し続けることによってリピート客を獲得したり、休眠客となっていた方を掘り起こすということができるようになっています。

 

ワンポイント!

顧客には3つの種類があるので覚えておきましょう。
・新規顧客
・リピート顧客
・休眠顧客

ニュースレターを発行する目的は2つだと覚えておこう

ニュースレターを発行する目的は2つだと覚えておこう

  1. リピート顧客の獲得
  2. 休眠顧客の掘り起こし(復帰)

目的さえ抑えておけば、新規集客をする時のように難しく考える必要はなくなります。どんな内容を書いたらいいのかはチラシのキャッチコピーネタの作り方で解説します。チラシとニュースレターの違いはありますが、そのまま転用することができますよ。

整体院ニュースレターの作り方|抑えておくべき4つのポイント

整体院ニュースレターの作り方|抑えておくべき4つのポイント

  1. A4サイズで作る
  2. 両面印刷で白黒でもカラーでもOK
  3. 語り口調で書く
  4. 顔が写っている写真を必ず使う

ワンポイント!

ニュースレターを読んでくれたお客様に堅苦しくならないよう、語り口調で書くことは効果的です。その際に顔入りの写真を使うことでニュースレターに人間性を持たせることができます。

語り言葉や写真を使い人間性を出すことはニュースレター作りで欠かせませんが、仮に人間性がないものは、無機質なものとして読まれにくいものになってしまうので注意しておきましょう。

 

整体院のニュースレターを作る時は5つのブロックで考える

整体院のニュースレターを作る時は5つのブロックで考える

ニュースレターを作るときのコツとしては、大きく5つのブロックで考えると作りやすくなります。(5つのブロックで紹介していますが、5つに満たなくても大丈夫です)

 

ここでは5つのブロックを参考例として紹介をします。

1つ目:ブロックは季節ネタ、時事ネタを絡めた内容
2つ目:今月のトピックス
3つ目:スタッフ紹介、メッセージ
4つ目:お客様の紹介
5つ目:あとがき

このように必ず5つ作る必要はなく、3つか4つで作って頂いてもOKです。もちろん、別のネタを絡めて作ることでも問題ありません。ニュースレターを作る時のネタについては整体院の集客チラシネタの見つけ方の内容がそのまま使えます。

 

整体院でニュースレター文を作る時のルールと参考例

整体院でニュースレター文を作る時のルールと参考例

ニュースレターの文章を作る時は、全章でお伝えしたブロックごとおにコンテンツ(テキスト)を作ります。その時には次のように考えていきます。

サブタイトル(サブキャッチコピー)+本文

この組み合わせで必ず作るようにしましょう。

参考例①
「参考整体院に新しい仲間が増えました!」というサブタイトルをつけ、その下に写真や名前、簡単なプロフィール、スタッフからの一言、という本文を加えます。
参考例②
「今月の自宅でできる簡単肩こり改善ケア」というサブタイトルをつけ、その下に本文でやり方やコツを解説するという組み合わせ方です。
参考例③
「○○を導入しました!」というサブタイトルをつけ、その下に新しく店舗に導入した商品やサービスなどの紹介を書いています。

 

一つのブロックに対してサブタイトルと本文の組み合わせて文章を作る。これがニュースレターのを作る際の文章のルールとして覚えておきましょう。

 

整体院ニュースレターを作る手順は5つです

ニュースレターを作る5つの手順

①ニュースレターの雛形の作り方

Googleで「ニュースレター 画像」と検索をしてみましょう。そうすると、そして画像を選択します。そうすると下記のような画面が表示されます。

ニュースレターの雛形の作り方

次に、表示されたニュースレターを見ながら、気に入ったデザインを選んでいきましょう。

ニュースレターの雛形を作る手順

Point!
この時、書かれている内容は気にしなくてOKです!

 

次に、PowerPoint(Macの場合はKeynoteでもOK)使って、選んだデザインのレイアウトを作っていきます。ここではパワーポイント(Keynote)を縦型に変更する方法を参考にしながら作ってみましょう。

雛形を作ってみると、下記のようになります。この時はざっくりの形ができていればOKです。

ニュースレターの雛形の参考例
参考出典元:パワポン

②サブタイトルと本文を書いていきます

次に文章を書いていきますが、まずはワード(Macの場合はPagesでもOK)やメモ帳に本文を書いていきましょう。最初はなんとなくのタイトルと、こんなことを書こうかなくらいで大丈夫です。

一通りなんとなくの文章ができたら、語り口調で読みやすい文章にしてみましょう。

参考例

Before
・肩こりの改善にはストレッチが効果的
・睡眠の質を上げるAfter
・肩こりを改善するには、適度なストレッチが効果的です!
・肩こりは睡眠の質を見直すと肩こりを軽減できるんです。

 

本文のテキストについては下記のように作ってみましょう。

ニュースレターの本文の作り方

③ステップ2の内容を雛形に当てはめて文章を整えていきます

②で作った文章を①で作った雛形に当てはめていきましょう。文章はコピーアンドペーストでOKです。コピペのショートカットコマンドを覚えておくと作業が効率よく進められますよ。

文章を雛形に書けたら文章を読みなおして、雛形の枠内に収まるように文字量やフォントサイズを調整していきましょう。

 

Point!

大切なことや、知っておいてもらいたいことは、フォントカラー(文字の色)を変える、マーカーを引くなどしておくと読みやすくなります!

 

④写真を用意して雛形に差し込んでいきます。

ニュースレターに写真を用意して雛形に差し込んでいきます

文章ができたので次は写真や画像をはめ込んでいきます。写真や画像は文章の内容とマッチングするものを選んでみましょう。わかりやすい例でお伝えすると次のようになります。

  • スタッフ紹介の場合→スタッフの写真を貼る
  • ストレッチ方法を伝える場合→ストレッチ風景の写真を貼る

①で作った雛形の箇所に写真を貼って、サイズを調整できればバッチリです。

⑤写真まで取り入れたものを印刷してニュースレターが完成です

写真まで取り入ることができたら、実際に印刷をしてみましょう。最初は白黒印刷で大丈夫です。文字の大きさや気になる箇所はないかをチェックしていきます。

 

印刷した時にチェックしておくポイント

・ニュースレターの名称
・本文の誤字脱字
・文字の大きさ
・レイアウトのバランス
・写真の位置や大きさ
・店舗の電話番号
・クーポンの金額や期間(載せた場合)

チェックをしながら修正をしたら、最後にカラー印刷をして最終チェックをしておきましょう。

問題がなければ、あなたの整体院のニュースレターは完成です。あとは、実際に来院してくれるお客様にお渡ししていくだけです。

 

ワンポイント!

本記事では、ニュースレターの片面しか作っていませんが、同じ要領で裏面を作成することで、両面のニュースレターを作ることができます。

 

整体院ニュースレターを作った後には感想を聞いてみよう

ニュースレターは1回作って終わりではありません。実際にニュースレターを渡ししたお客様に次のような一言をかけてみましょう。

どんな情報があると嬉しいですか?

そうすると、今後ニュースレターを作る時のネタを自然と集めることができます。また感想をもらうことで、次のニュースレターを作ろうという意欲にも繋がるのでオススメです。

 

合わせて読まれている記事

整体院を開業しても、最初に何を準備したらいいのかわからないまま日だけが過ぎてしまう。そうするとついつい忘れてしまいがちなのが、売上管理シートや予約管理シートなどです。中には、売上が少ない店舗の場合、予約管理をメモ帳で補っているなどの[…]

整体院を開業したら用意すべき4つの管理シート|テンプレート付き
整体院関連で読まれている記事

今の職場の給料では先が心配だし、安定して稼げる職を手につけておきたい。手に職が欲しいと整体師として独立し、整体院を開業しようと思っても実際何から手を付けたらいいかわからない。 資格が必要なのか いくらくらいかかるのか […]

一人整体院で開業|失敗しない開業準備11のステップを徹底解説
整体院ニュースレターをパワーポイントで簡単に作る5ステップ
最新情報をチェックしよう!