整体院の集客チラシの作り方|効果のあったキャッチコピーネタ9選

整体院の集客チラシの作り方|効果のあったキャッチコピーネタ9選
速水
「整体院の集客チラシを作りたいけど作り方がわからない」という相談をよくもらいます

ここでは、整体院集客で効果のあったチラシ作りに欠かせないキャッチコピーのネタの見つけ方について9個紹介していきます。

集客チラシを作る上で、キャッチコピーは見込み客が興味を引く為のきっかけ作りをする為のものとなり、一番重要なものです。

本記事では、これまでのクライアントで実践し効果のあったネタと使い方を紹介します。キャッチコピーが決まれば整体院の集客チラシはいくらでも作ることができます。

 

これまでに僕が制作に関わってきたチラシを見たい方は下記から「チラシのポートフォリオ希望」とメッセージを送ってください。メールにて過去の制作物を送らせていただきます。
お問い合わせはこちら

 

整体院の集客チラシの作り方|キャッチコピーのネタ9選

チラシのネタの作り方参考例

 

参考例と記載していますが、過去に集客チラシを作った際に効果のあったものを記載しています。

  1. 症状名を取り入れたもの
  2. 誕生日(院長やスタッフ)
  3. 開院○周年
  4. 記念日を使ったもの
  5. 来院数○名
  6. 季節ネタ
  7. 日本の祝日
  8. 紹介キャンペーン
  9. ○月○日は〇〇の日

 

先に大切なことをお伝えすると、これらは集客チラシを作る際のネタではあるのですが、チラシはまず見られることが大切なポイントです。キャッチコピーは集客チラシをお客様の手にとってもらう為のきっかけ作りだということを覚えておきましょう。

つまりネタがあったからと言って、必ずしも集客ができるというものではないので注意は必要ということです。

キャッチコピーの作り方|見ればキャッチコピーが作りたくなる

 

整体院の集客チラシネタ|キャッチコピーの事例紹介

整体院の集客チラシネタ|キャッチコピーの事例紹介

9つのネタの中で最も反応の高かったものを紹介します。

症状を使ったキャッチコピー

  • 肩こりでお悩みではありませんか?
  • どこへ行っても腰痛が改善されない方へ
  • その膝の痛み我慢していませんか?
  • 寝おきのダルさでもう悩まない
  • 朝起きた時のその頭痛とはもうさよなら

 

症状名を記載することで、ターゲットの悩みにアプローチしました。シンプルに訴えかけることで、ぱっと見てわかりやすい状態を作ることで手にとってもらいやすくなります。

症状名を使う時には、「肩こり」「腰痛」「疲労感」などに一言加えて次のように記載すると、より強くアプローチすることもできます。

 

  • 慢性的な肩こり
  • 立ちっぱなしでやってくる腰痛
  • 寝ても取れない疲労感
    など

 

誕生日を活用したキャッチコピー

  • ○月○日院長誕生日キャンペーンのご案内
  • ○○さんの誕生日キャンペーン

 

誕生日キャンペーンと直球でアプローチした事例です。キャッチコピーと併用して下記のような一文を加えることで誰からの手紙なのかがわかるようになります。

〇〇整体院からのご案内

開院○周年を活用したキャッチコピー

  • 〇〇整体院開院○周年記念|特別キャンペーンのご案内
  • 〇〇整体院開院○周年を記念してプレゼントをご用意しました
  • 〇〇整体院開院○周年クーポンをお受け取りください

「○周年」や「記念」というキーワードを用いることで、何かお得感がありそうという雰囲気をお客様に与えることができます。お得感のあるものは見てもらいやすい傾向が高くなるので効果的です。年に1回しか使えないからこそ強力なオファーを作れます。

 

ワンポイントアドバイス!

来院したことのある人、リピート客にも効果的な手法なので、チラシだけではなく、DM、LINE、メルマガでも効果的なネタとして使えます!

 

記念日を使ったキャッチコピー

  • クリスマスキャンペーン
  • バレンタインデーキャンペーン
  • ホワイトデーキャンペーン

 

記念日を使う際には、上記のままでも良いですが、下記のように使うことでより集客効果を高めることができます。

クリスマスまであと○日!
大切な日を健康に過ごすために
クリスマスキャンペーンのご案内

来院数○名を使ったキャッチコピー

  • 来院数100名突破感謝際
  • 来院数300人突破感謝祭

キリ番という考え方を取り入れた集客チラシのネタです。また数字を明確に打ち出すことで、多数の中の一人になってもらいやすくなります。「私も行ってみようかな・・・」という感じで。

 

来院数は「開院○年」「開院から○ヶ月」などの数字と組み合わせることで、より高い効果を発揮できるようになります。参考例は次の通りです。

府中市で開院して3ヶ月
来院数100名突破感謝祭

季節ネタは補足的に使うと効果的

整体院の集客チラシ|季節ネタを使った事例

季節ネタを使う場合は、補足的に使用すると効果的です。例えば、症状名との組み合わせは集客チラシとしての効果を高めてくれます。

  • 冬の寒さに負けない
  • 薄着になる時期!姿勢をキレイに
  • 夏の疲れいつまで残しますか
  • まだ間に合う
    など

 

季節を連想させる一文を加えることで、キャッチコピーをより目に止めさせる使い方ができるようになります。

日本の祝日を使ったキャッチコピー

  • 母の日キャンペーン
  • 父の日キャンペーン
  • 勤労感謝の日キャンペーン

どストレートな使い方ですが、反応率の高い集客チラシを作ることができます。

 

ワンポイントアドバイアス!

日本の祝日には、誰かを敬う日が多く存在しています。敬老の日や母の日、父の日はまさにその典型です。チラシを見た人が来院しなくても、大切な人を紹介してくれるきっかけを作りやすいので活用していきましょう。

 

紹介キャンペーンを使ったキャッチコピー

  • 紹介キャンペーンのご案内
  • あなたの大切な人をご招待しませんか
  • モニターキャンペーン中

 

紹介は広告費を使わなくても新規顧客を獲得できる重要な集客施策の1つです。紹介はきっかけがなければ自然と発生することはありません。なので、チラシを使って紹介を促すのも重要な方法です。

また、新規の人が友人や家族と一緒に来院する気かっけ作りにもなります。その場合は、2人〜の集客が見込めるチャンスになってきますね。

 

ワンポイントアドバイス!

来院したことのある人、リピート客にも効果的な手法なので、チラシだけではなく、DM、LINE、メルマガでも効果的なネタとして使えます!

 

今日は何の日を使ったキャッチコピー

今日は何の日は、最終手段として残しておおきましょう。365日何かしらの記念日などがあります。どうしても集客チラシを作れない、ネタが見つからないという時に活用する保険として残しておけるとネタ作りで困ることはなくなります。

LPで即使えるパワーワードの作り方7パターンを解説|成約率を上げるコツ

 

整体院の集客チラシにおけるネタ作りの注意点

整体院の集客チラシにおけるネタ作りの注意点

例えば、症状名、肩こりや腰痛、四十肩、そういった症状名をネタとしてチラシを作る。

また、院長やスタッフの誕生日、開院○周年、クリスマスやバレンタイン、ホワイトデーなどの記念日、来院数○名、来院数○名これは起業してから来院数○名突破のような場合に使うことができます。

また、季節ネタ、日本の祝日、母の日や勤労感謝の日、敬老の日など、他にも紹介キャンペーンであったり、毎月○にちは○○の日、などのように、オリジナルのものを作る、ということもできます。

 

集客チラシで大切なポイント!

ただ単に、院長の誕生日記念などのように出しても、新規のお客さんが取れるか、といわれると微妙なところなので、例えば、院長の誕生日記念というふうにキャッチコピーを作る、とした場合は、院長の誕生日記念として初回施術料半額で施術を受けることができます、などのように、オファーをしっかりと作ることがポイントになってきます。

 

これは、院長の誕生日に限ったことではなく、○周年や、季節ネタ、日本の祝日、どんなものを使う時であっても同じことが言えます。あくまでも、ネタというのはチラシを作る際のキャッチコピーであったり、お客さんの視線を奪う為のものとして使うものだということを覚えておきましょう。

 

整体院の集客チラシのネタ|今日は何の日?を活用する

転用元:雑学ネタ帳

 

整体院の店舗集客チラシのネタの参考例として、実は日本や世界では365日毎日何かしらの記念日があります。

Googleで「今日は何の日」と検索してみてみましょう!

 

もしくは、ここをクリックして頂いても大丈夫です。(別のサイトに飛びます)

サイトを見てみると、毎日何かしら「○○の日」となっています。

1月1日から12月31日までです。

これらも全てチラシを作る際のネタとして使うことができます。

 

整体院の集客チラシネタを選ぶポイント

整体院の集客チラシネタを選ぶポイント

選び方としては、趣味や店舗のコンセプトと合わせられるようなものを使うとネタには困らなくなります。とはいえ、まずは使いやすいものから取り入れてもらえればと思います。

 

大切なことは集客チラシを作って整体院への来院に繋げる行動をすること
集客チラシのネタは、キャッチコピーを作る上での一つの要素でしかありません。ぜひネタを見つけたら集客チラシを作る行動を取ってくださいね。下記はタイミングが合えばすぐにでも使えるものとして紹介しておきます。
  • 院長の誕生日キャンペーン
  • オープン○周年
  • 症状名を打ち出すパターン
  • 紹介キャンペーン
  • ホワイトデーキャンペーン
  • 母の日キャンペーン
  • 敬老の日キャンペーン

これらの日に狙ったキャンペーンは、集客アップ、売上アップで何度も使えている鉄板ネタです。ぜひ整体院の集客チラシを作る際のヒントにして使ってみてください。

関連記事

整体院を開業しても、最初に何を準備したらいいのかわからないまま日だけが過ぎてしまう。そうするとついつい忘れてしまいがちなのが、売上管理シートや予約管理シートなどです。中には、売上が少ない店舗の場合、予約管理をメモ帳で補っているなどの[…]

整体院を開業したら用意すべき4つの管理シート|テンプレート付き
合わせて読まれている記事

今の職場の給料では先が心配だし、安定して稼げる職を手につけておきたい。手に職が欲しいと整体師として独立し、整体院を開業しようと思っても実際何から手を付けたらいいかわからない。 資格が必要なのか いくらくらいかかるのか […]

一人整体院で開業|失敗しない開業準備11のステップを徹底解説
整体院の集客チラシの作り方|効果のあったキャッチコピーネタ9選
最新情報をチェックしよう!