【初心者向け】キーワードプランナーとは何か?使うべき理由とメリットで解説

【初心者向け】キーワードプランナーとは何か?使うべき理由とメリットで解説
キーワードプランナーがそもそもわからない起業家
キーワードプランナーを使った方が良いと言われるけど、そもそもキーワードプランナーってなんなのかわかりません・・・

 

本記事では、そんなそもそもキーワードプランナーがわからないという方向けに、キーワードプランナーとは一体なんなのか、何故使う必要があるのかを理由とメリットに分けて解説します。

 

スポンサーリンク

キーワードプランナーとは?|基礎知識編

キーワードプランナーの使い方|基礎知識編

 

キーワードプランナーは、広告の出稿やSEO対策を行っていく際に活用させるとても実用性の高いツールです。Googleが独自のデータに基づきキーワードや検索ボリュームだけではなく、過去の傾向などのデータも全て提供してくれています。

 

キーワードプランナーを使用する際に最も優れている点としては、入力した単語やワンフレーズだけではなく、一つのキーワードに対して関連するキーワードの取得やそのキーワードに対する競合性などについても教えてくれることです。

 

本来はGoogle AdWords広告を出稿している人向けのツールでしたが、今では広告を出稿していなくても無料で活用することができます。

 

SEOとキーワードプランナーの関係性

SEOとキーワードプランナーの関係性

SEOにおけるキーワードプランナーの活用方法としては、記事を作成する際に使用するキーワードを選定する為に用いられています。キーワードプランナーを活用することで、どんなキーワードが毎月どのくらいの検索ボリュームがあるのかを知ることができます。

 

検索ボリュームのないキーワードで記事を作っても、見られることのない記事になってしまいます。時間と労力の損失にも繋がってしまうので、キーワードプランナーを活用して、ユーザーに求められる記事を作ることができるようになります。

読まれるブログ文章の書き方|いきなり記事を書くのは危険です

キーワードプランナー|Google広告を出稿しているアカウントと出稿していないアカウントの違い

キーワードプランナー|Google広告を出稿しているアカウントと出稿していないアカウントの違い

ここでは、Google広告を出稿している場合としていない場合の一番の違いについて紹介します。

SEOを攻略していく為に利用するのであれば、Google広告を出稿していなくても問題なく利用することができますので、無理にGoogle広告の出稿を考える必要はありません。(2019年5月現在)Google広告を出稿し広告費を支払っている場合と広告費を支払っていない場合の違いは次の通りです。

 

 

上図のように検索ボリュームが詳細にわかるのか、ざっくりとした検索ボリュームとしてわかるのかがキーワードプランナーを使用する際に生じる一番の違いとなります。

 

セールスライターやコンサルタントなどの個人起業家の場合、Google広告を出稿していないケースの方が多いかと思います。ですが、広告費を支払っていなくても大まかな検索ボリュームを把握するには無料アカウントであっても問題はありませんので安心して活用していきましょう。

 

 

キーワードプランナーを使う理由と3つのメリット

キーワードプランナーを使う理由とメリット

キーワードプランナーを使う理由の一番は、自然検索で上位を狙うためです。いわゆるSEO対策と言われるものです。

 

そもそもGoogleで検索をする人がどんなキーワードで検索しているのか?
これがわからなければ、どんなに素晴らしい記事を書いても見られることはありません。仮に上位に表示されても読んでくれる読者がいなければ寂しいですよね。
そうした事態を起こさないために、アクセスの取れる記事を作る手順として「キーワードを決めてから記事を書く」という流れがあります。
キーワードプランナーを使う3つのメリット
  1. 自然検索から読まれる記事が作れる
  2. 何を書いたらいいのかわからないという悩みを解消できる
  3. 記事を書く前のリサーチがしやすくなる
ブログを使ってビジネスをしていく以上、アクセスが取れて、読んでもらえて、その後のリスト獲得やセールスに繋げられる状態を作る必要があります。
キーワードプランナーを使うことで、そうした要素を全て解消することができるのが最大のメリットです。

自然検索から読まれる記事が作れる

先ほども記述したように、読まれる記事を作るには検索されているキーワードで記事を作ることが大前提になります。

 

ユーザーがGoogleなどを使い「どんなキーワードで検索していて」「月に何回くらい検索されているのか」そうした詳細をキーワードプランナーを使うことで知ることができます。

 

合わせて、競合性(ライバルとの関連性)も知ることができる特徴もあります。

 

何を書いたらいいのかわからないという悩みを解消できる

記事を作る時、ただ書きたいことばかりを書いていてもユーザーが求めている記事と一致するとは限りません。

日記や備忘録としてブログを使うならキーワードを意識する必要はありませんが、アクセスを集める記事ではキーワードありきで記事を作る必要があります。

 

そんな時、キーワードが決まっていると何を書いたらいいのかという悩みを解消することができるようになります。

 

実際には次で紹介するリサーチがしやすくなることで、どんな記事を書いたらいいのかがわかるようになってきます。

 

記事を書く前のリサーチがしやすくなる

キーワードがわかっていると、そのキーワードで実際に検索をしてみて、他の人がどんな内容を書いているのか(どんな記事が求められているのか)を知ることができます。
こうした行動をリサーチと言います。
ユーザーと同じキーワードで検索をすることで、ユーザーの立場に立って情報を俯瞰してみることができるようになるので、自分の書きたいことばかりを書くのではなく、どんな情報を求めているのかからブログ記事が作れるようになります。
キーワードプランナーの具体的な使い方については下記の記事で紹介しているので、合わせて読んでみてください。
関連記事

店舗のホームページを作った時やブログをスタートした時にアクセス解析は必須です。ワードプレスをスタートしたらGoogleアナリティクスは入れておいた方がよい。そんなことを聞いたことがあるかもしれません。多くのセールスコピーライターやコ[…]

収益ブログの始め方ガイドマニュアル|無料ダウンロード