ひとり起業家のリストマーケティング実践編|作業手順と市場選びのコツ

ひとり起業家のリストマーケティング実践編|作業手順と市場選びのコツ
  • リストマーケティング勉強したけど実践できない。
  • リストマーケティングを実践しているけど成果が出ない。

 

本記事では、ひとり起業家の方のこんな悩みを解消していきます。

 

速水

起業して稼ぐ方法には、アフィリエイトや自分のスキルでサービス提供したり、経験を活かして人を助けるサポートをする方法などがありますよね。

しかし、そうした売上に繋げる行動も、ただ受け身で待っていてはいつ仕事が取れるかわからない。そんな悩みを解消していくのがリストマーケティングと呼ばれるものです。

 

売上に繋げるために、リストマーケティングを使ってどんな行動をしていけば良いのかを具体的に解説していきます。

ではリストマーケティングについて簡単なおさらいから見ていきましょう。(すでにどんなものか知ってるよ!って方は「おさらい」は飛ばしてもらって大丈夫です)

 

スポンサーリンク

おさらい|リストマーケティングの流れ

リストマーケティングでは、上図のような流れで集客から売上獲得までの流れを作っていきます。

 

リスト=メルマガ読者

 

このリストを集めることで、あなたのことを知っている人(見込客)との距離感を縮めていき、最終的にあなたから商品サービスを購入してもらうことがリストマーケティングの目的になります。

実際の行動手順としては次のようになります。

関連記事

リストマーケティングは、集客やセールスを行う際、コストをかけずに成果(売上)を最大化させる手法です。 商品を購入したことのある「顧客リスト」 メルマガに登録したり、資料請求などをした「見込客リスト」こうしたリストの種[…]

リストマーケティングとは|見込客の獲得から売上を最大化させる手法

 

リストマーケティングの実践は商品を作ることから

リストマーケティングの実践は商品を作ることから

どんなビジネスでもそうですが、そもそも商品サービスがなければビジネスとして成り立ちません。

ビジネスは、お客様が必要としているものを提供する、その対価としてお金をもらいます。

なので、まずは商品を作る。ここで言う商品とはバックエンドを作るということです。

バックエンド=利益を獲得するための商品

 

バックエンド商品は、利益が出せればOKというのが商品目的です。よく「バックエンドは高額商品を作りましょう!」という話を耳にしますが、

 

バックエンド商品=高額商品ではない!

 

ということを覚えておきましょう。

バックエンド商品について詳しくはこちらの記事で紹介しています。<準備中>

 

リストマーケティングの実践手順は商品があるかで決まる|パターン別に解説

リストマーケティングの実践手順は商品があるかで決まる|パターン別に解説

リストマーケティングは商品を作ることから始めましょうとお伝えしました。

しかし、すでに起業している場合は商品があるかもしれませんが、これから起業しようと考えている人はまだ商品がないかと思います。

 

そこで、ここでは3つのパターンに分けてリストマーケティングの行動手順を紹介します。

①すでに商品がある場合の手順

②売りたい商品はあるけど、まだ作れていない場合の手順

③売りたい商品がない場合の手順

 

①すでに商品がある場合の手順

すでに商品がある場合の手順

すでに起業している場合、商品がすでにあると思います。なので、商品作りの手順は飛ばし、リストマーケティングにおける仕組み作りを優先していきましょう。

 

なので、メルマガ登録してもらった後のステップメールを作ることが最重要項目です。

 

すでにステップメールがある場合は、そのステップメールから商品サービスが売れているかをしっかりと計測する必要があります。

 

  • メルマガ登録者の何%の人がバックエンドを購入してくれているか?
  • ステップメールの開封率は何%あるか?
  • ステップメールの何通目で離脱が増えているか?
  • セールスレターの成約率は何%あるか?

 

この項目を数値化して、ステップメールでの成約率(商品を購入してくれる確立)を上げていきましょう。

 

なお、ステップメール中に打ち出すセールスレターの場合、成約率はステップメールの出来によって左右されるので、セールスレターの成約率が低い場合は、ステップメールを見直すことで改善することができます。

ステップメールシナリオの作り方|販売からフォロー4つのテンプレート

 

②売りたい商品はあるけど、まだ作れていない場合の手順

売りたい商品はあるけど、まだ作れていない場合の手順

起業したいけどまだ出来ていない人や、起業したけどまだ商品がない場合の人はこのパターンに属するかと思います。

売りたい商品はあるけどまだ作れていない場合には、リストマーケティングの行動手順に沿ってババックエンド商品作りからスタートしていきましょう。

この時、「高額商品を作らなきゃいけない!」という思い込みを外しておくことが重要です。

 

Point!

ただし、コーチやコンサルとして活動をしたい場合は高額商品を作るようにしておきましょう!高額商品を作る理由については、こちらの記事で詳しく解説しているので合わせて読んでおきましょう。

 

バックエンド商品が作れたら、後は①のすでに商品があるケースと同じ流れになります。

リストマーケティングにおいての肝はランディングページステップメールの出来です。この2つに集中して作業を進めていきましょう。

 

③やりたいこと、売りたい商品がない場合の手順

やりたいこと、売りたい商品がない場合の手順

起業したい、副業で稼ぎたい。けど商品が無い、売りたい商品も無いというケースについて解説します。

リストマーケティングにおいては、バックエンド商品から逆算して仕組みを作ることが理想的です。

だけど売りたいものも決まっていない状態から行動をするには、時間がかかるしモチベーションが続かないので次の手順で進めていきましょう。

 

  1. 参入ジャンルを決める
  2. ブログを書いていく
  3. バックエンド商品(アフィリエイトでもOK)
  4. ステップメール作成
  5. 読者集めの仕掛けを作る
    → ランディングページを作ってメルマガ読者を集める
  6. メルマガ読者向けの仕掛け

 

リストマーケティング実践の参入ジャンルの選び方

リストマーケティング実践の参入ジャンルの選び方

自分は何が提供できるのかわからないし、強みもスキルも何も無いと言う場合は、次の稼ぎやすい市場から選択するのも1つの手です。

 

オススメ参入ジャンル①|起業・集客、ビジネス系

コーチ、コンサル系はトップクラスに単価を上げられる市場です。仮にライバルも強くて、数が多いくてもやり方次第では、月に50万~100万円を目指すことも可能です。

 

参考例

  • 起業コンサル
  • マーケティングコンサル
  • 経営コンサル
  • Web集客コンサル
  • セールスコンサル
  • セールスコーチ 
  • プロフィールライティングコーチ
  • 人材育成コンサル
  • マネイジメントコーチ
  • 研修講師
    など

 

オススメ参入ジャンル②|恋愛・婚活 

女性が圧倒的に多い市場ですが、男性も多く存在しています。巷ではなかなか解決できない悩みが多いのが特徴で、自分の商品サービスを作る場合でも、アフィリエイトをする場合にも収益化がしやすい傾向があります。

こうしたジャンルを選ぶ際、自分の見た目が綺麗じゃなきゃ、カッコよくないとできないと思われがちですが、そんなことは一切ないので難しく考える必要はありません。 

 

参考例

  • 婚活
  • 女子力UP
  • モテる会話術
  • ナンパ
  • DVからの脱出
  • モラハラからの脱出
  • 理想の結婚
  • 幸せになる
  • パートナーシップ
    など

 

オススメ参入ジャンル③|お金・投資系

お金や投資系のジャンルは常に最新のトレンドなども変わりいく市場です。その反面で、節約などのように時代に囚われないものも存在しています。

 

参考例

  • 将来のお金の不安を解消したい
  • 投資、株、FX
  • 節約、貯金 
  • 初心者のためのFX入門
  • 不動産投資
  • 女性の為の資産運用
  • マンションを高く売る
  • お金の不安を消す
    など

 

オススメ参入ジャンル④|ダイエット・健康・ 美容系 

ダイエットや健康美容のジャンルは、自分でも実践がしやすい傾向があります。過去に試したことのある情報などを発信することから始めることで、市場にどんな悩みや疑問があるのか、どんなものが求められているのかを見つけやすいのも特徴です。

テレビやインターネット上でも販売されている商品は多く、大企業も参入しているので、自分の商品サービスが作れない場合でも数多くのアフィリエイト商品がすでにあるのも強みです。

アンチエイジングや健康の需要は、これからますます高まる可能性があり、将来安定市場 の一つとも言えます。

 

参考例

  • くびれに特化した
  • 足からほっそり痩せる
  • 長年の腰の痛みが
  • ダイエット
  • 健康的に痩せる
  • 病気予防
  • 若返り
  • アンチエイジング系
    など

 

オススメ参入ジャンル⑤|資格・スキル習得系

副業や起業という需要が高まっている中、自宅で稼げる資格やスキルの習得を望む人は増え続けています。そうした中で自分が試してみた資格や、取得してみたスキルを紹介していく中で、市場で求められている需要などを知ることがしやすいのが特徴です。

また、自分が持っているスキル等を教えるという選択肢も残せ、その場合は単価を上げてビジネスを展開していくという道がある点では将来性があると言えます。

 

オススメ参入ジャンル⑥|その他、高単価にできる可能性がある市場

その他にも参入して稼ぎやすいジャンルがあるので紹介しておきます。

  • 子育て
  • スピリチュアル系
  • アロマ
  • キャリアアップ
  • 料理→宅配サービスなど
  • 中学受験
  • 高校受験系
  • 脳科学、心理学 
  • 自己啓発
  • 英語
  • ファッション 

 

【補足】リストマーケティングの実践はなぜ商品作りからなのか?

【補足】リストマーケティングの実践はなぜ商品作りからなのか?

マーケティングとは、商品を作ることから始まり、商品を販売、そして商品を購入してくらた人のフォローまでが一連の流れになります。

なのでライティングの本を読んだり、セミナーに参加しても、何を売りたいのか、どんなサービスを提供したいのかが決まっていない場合はマーケティング活動を実践することができないからです。

なので販売、提供する商品から作るようにします。

その際には必ずバックエンド商品から作るようにしましょう。

収益ブログの始め方ガイドマニュアル|無料ダウンロード